忍者ブログ
つぶやきといふ名のぼやき
[1795] [1794] [1793] [1792] [1791] [1790] [1789]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:966ページ
ナイス数:6ナイス

テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)テルマエ・ロマエV (ビームコミックス)感想
ハナコが出て来たのはさういふわけだつたのかー。奥村編集長もムチャ云ふなあ。「ヴァ? 二頭立てだと?」くらゐのことは云つたのだらうか。
読了日:7月10日 著者:ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)感想
時空を超えた関係に弱いところがある。「蒲生邸事件」とか、小説自体はそんなに好みではないが、時空を超えた仲、といふのにぐつとくる。このまんがではそんなことはまつたくなく、「喜劇だからか知らん」と思つてゐたが、さうではなかつたことが判明した。まあ、終りよければすべてよし、なのかもしれない。
読了日:7月10日 著者:ヤマザキマリ
まいあ Maia SWAN act II 1まいあ Maia SWAN act II 1感想
この話の第一部が終はつた後、親世代の話の連載がはじまつたと聞いて、「つまらないのかなー」と思ひつつ読みはじめた。「えー、この話のつづきをかけばいいのにー」と思つた。きつと、過去に拘泥する読者が多いんだらうな。
読了日:7月26日 著者:有吉 京子
まいあ Maia SWAN act II 2まいあ Maia SWAN act II 2感想
「親の七光り」つて陰口叩かれたりしないのかなー、と思ひながら読んだ。それは後の巻であきらかになつていく。とりあへずはよくも悪くも実力社会、といふことなのかな。
読了日:7月26日 著者:有吉 京子
まいあ Maia SWAN actII3まいあ Maia SWAN actII3感想
だんだん親世代のころの登場人物が増えてくる。その方が反応がよかつたんだらうな。
読了日:7月26日 著者:有吉 京子
まいあ Maia SWAN actII4まいあ Maia SWAN actII4感想
このまま第一部完で終はつてしまふのではあるまいか。親世代の連載、まだつづきさうだし。もしこのまま終はつてしまふのなら、この話は公開しなければよかつたのに、と思ふことだらう。
読了日:7月26日 著者:有吉 京子

読書メーター
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2019/03 04
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Garyo
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索